現況でベストを尽くす〜インフィリック

東京都の中央区に位置しているインフィリック株式会社は、2005年に誕生しました。
この会社では、今だけではなくて未来にとっていいこと、そして自分だけでなくて多くの人にとっていいことを行うことをモットーにしています。
ITのインフラの設計から構築運用、AWSに特化したクラウドサービスを展開しております。

代表である清水優はこのように語っています。
今あるものを改良するより、ゼロから作ったほうが早いときもあるが、今あるものを変えられなければゼロから作っても結局同じ結果になると。(http://www.infilic.co.jp/shimizu/?p=4705)

これは組織にも言えることだし、事業にも言えるでしょう。
何かに取り組み、上手くいかないとき、それを一旦捨ててリセットして新しいことをゼロから始める。
それは一見上手くいくように感じるかもしれませんが、今取り組んでいることを改善できずに新しいことを始めてもきっと同じ結果になる。
これは、人の人生においても同じことが言えるでしょう。

環境を変えて上手くいくこともあるでしょうが、それは自社(ないし自身)が変わった上でのことでしょう。
だからまずは今ある環境下でベストを尽くし最善のものを作り出す。

これから先もお客様が望んでいるサービスの提供を続け、更なる発展を続けていくことが期待されるインフィリック株式会社ですが、
そうしたサービスをおこなっていくことによって、いつの間にか長期に渡って継続している企業となっていたというのが一番に目指す形であるとされています。
代表の清水優の考えがあれば、発展していく未来が見えるところがあります。
なんにせよ、これから先どのような形で発展していくのかが大きな期待を寄せることができるところですね。

インフィリック社長の大切にしていること

インフィリック社長の考えを知りたいなら、清水社長のブログを読むのがおすすめです。ブログでは、清水社長が日頃感じている事柄、考えている事柄が沢山語られています。インフィリックの社長がどのような人なのか知りたいという方はブログを読むのが良いと言えます。

インフィリックの清水社長は、決めるのはどんなことでも早いほうが良いとブログで説いています。というのも、計画なしに何かをしようとしてもイメージがなく思ったようにいかないことも少なくありません。清水社長がブログで言いたいことは、しっかりと考えて計画をして行動をすることが大事ということ。特に結論はしっかりと先延ばしにしないですぐに決めるようにすると良いことが多いと言っています。

これが社長の一言です。
「今日決めなくてもいいことは多い けれど結論を明日以降に延ばしたところでそれが良い結果となることも少ない」

社長は考えるということをとても大切にしています。思慮浅く行動をしてもイメージがしっかりとしていないので自分が思ったように行動をすることができない場合があるので考えることが重要と言えます。今日決めなくても良いことでも今日決めるようにして先延ばしにしないようにするということもブログで説いていて、社長はこの考えを大切にしているのです。

社長ブログ:
「全部ひっくるめて生きること」

決める、と決める…

インフィリックのサービス

インフィリック株式会社は技術力の向上に日々力を注いでいます。インフィリック株式会社で行っているサービスは大きく分けて2通りあります。クラウドコンピューティングサービスとシステムエンジニアリングサービスです。

インフィリックの行っているクラウドコンピューティングサービスというのは、ユーザー目線なのが大きな特徴の一つです。ユーザー目線で長年使用し続けているので、使いやすさやセキュリティ面なども柔軟に対応がされています。ウェブサイトや、ADサーバ、ファイルサーバやスマホアプリの開発環境もしっかりと整っているので安心して業務を行うことが出来るようになっています。

システムエンジニアリングサービスは、ヒューマンスキルの高いエンジニアがたくさんいるのが特徴です。技術力の高さだけではなく、お客さん一人ひとりのニーズを汲み取るヒアリング力も持っています。参画後のフォローもしっかりしているので安心です。

こちらは清水社長の言葉です。

「自分を何の途上に置くのか。そしてそこでベストを尽くすのか。そんな道のりは自分で選択ができることです。」

これは企業にとっても人にとっても言えるとても奥の深い言葉です。この企業でも社員の一人ひとりがベストを尽くしてサービスの提供を行っています。

社長ブログ:「全部ひっくるめて生きること」

善悪を分別して前進するインフィリック

インフィリック株式会社は、ICTに携わるシステムエンジニアリング会社として2005年に設立。2015年で創業10周年を迎えました。代表取締役社長の清水氏は、インターネット上で社員や顧客へ向けて定期的にブログを更新しています。

清水社長の想いのひとつに、できる限りあいまいさをなくしたいという考え方があるそうです。インフィリック株式会社という、インターネットビジネスの社長らしい思考ですが、すべての物事を白と黒に分けられるように、常に努力を続けていると言います。象徴的な記事が、2016年の2月22日に更新された「白と黒」というテーマです。

「その色がかすむ時は自分を中心にしたバイアスがかかっているんでしょうね。」

物事を色眼鏡で見てしまうと、本当は正しく見えていたはずのことまで、分からなくなってしまうことがあります。すると、他人との亀裂や不和が生じてしまい、ビジネスや人間関係がうまくいかなくなってしまうのです。

できる限り、すべての物事を白と黒に切り分け、バイアスをかけずに見ていく視点の大切さ。インフィリック株式会社は、清水社長を中心としてこれからも走り続け、100年続く会社となっていくのではないでしょうか。今後もICTビジネスの世界で目を離せない会社です。

社長ブログ:
「全部ひっくるめて生きること」

白と黒

インフィリック株式会社
http://www.infilic.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 大人の街として知られているのが目黒区です。近年は高級マンションも多く建築され、実際に住んでいる方もセ…
  2. エス&ケイ(株)は和菓子製造を行っている会社とも取引があります。その会社は、創業100年以上になる歴…
  3. 華やかな目元や魅力的なまつげは女の人の憧れるポイントですよね。素敵で華やかな目元を演出するために、浦…
ページ上部へ戻る