神奈川 介護のガイドヘルパー

ガイドヘルパーは、グループホームや老人ホームなどの介護福祉施設に勤める際に、介助業務を行うために必要な資格です。日本語にすると「障害者移送介護従事者」となり、視覚障害者や全身性障害者などの移動をサポートするのが仕事です。

ホームヘルパーとの違いですが、ホームヘルパーでは主に介護が必要な人のお宅に訪問して介護や支援などを行います。
ガイドヘルパーの場合は、視覚障害者や全身性障害者などが外出をする際に介助を行うというものなので、支援の範囲が異なります。

すでにホームヘルパー関連の資格を持っている方が、ガイドヘルパーの資格を取得すれば、介護できる範囲が広くなります。神奈川 介護のガイドヘルパーの資格は、長津田校と上大岡教室で視覚障害者と全身性障害者の両方の研修を実施していますが、片方だけ受講することも可能です。

株式会社 福祉人材開発センター
http://whc-gakuin.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. 大人の街として知られているのが目黒区です。近年は高級マンションも多く建築され、実際に住んでいる方もセ…
ページ上部へ戻る