辰巳崇之のビジネスは損得だけではありません

ビジネスというのは基本的には損得の世界ではあるのですが、損得だけではなかなか動かないし動かせないものです。理屈としては正しかったりですとか、利益をもたらしてくれる可能性がとても高いとは思っても、ではそれを採用して実践するのかと言えばまた話は別というケースとて決して珍しくなかったりするのです。つまり、成功している業者は必ずしも理屈だけに優れている訳ではなく、時には損得を超えた部分であれこれ行っている事もあるのです。損得だけで動いているとどうしても気持ちの面でまで相手に訴求する事が出来なかったりするものです。
事業を展開する難しさはそこにあるとも言われています。ただ単に事業を展開するとなると、単純な損得勘定だけになりますが、それを超えた所でビジネスを行えるようになると、いろいろな物を得る事が出来るようになるとも言われています。
株式会社No.1もそのような理念を持っていると言われています同社は辰巳崇之氏が立ち上げた会社なのですが、辰巳崇之氏の経歴は実はちょっとした有名人でもあります。そのため、辰巳崇之氏の名前をご存知の方もおられるかもしれません。
株式会社No.1はファイルサーバーからホームページの悩み相談、社員教育等幅広く手がけているのですが、顧客から絶大な信頼を得ていると言われています。

なぜ様々な事業を展開しつつも信頼を得る事が出来ているのかといえば、冒頭で話したように、辰巳崇之氏が損得だけではなく、時には損得を超えた部分でのビジネスを展開しているからでもあるのです。もちろん赤字を垂れ流しているという訳ではありません。
いくらそのような事を言っても採算を取れなければ意味がありません。赤字を垂れ流している会社は、残念ながら優秀な会社とはなかなか言えないものです。会社の理念は素晴らしいものでも、利益がついてこなければ倒産と言うシビアな現実が待っているのですから、そのような事にならないよう、営利も追求しなければならないのです。この点がビジネスの難しい部分でもあるのです。気持ちも大切ではありますが、気持ちだけではどうしても利益がついてきません。一方、利益ばかりを追求してしまうと顧客の気持ちが離れてしまう事にもなりかねないのですが、辰巳崇之氏はその両方をしっかりと獲得していると言われてるのです。気持ちと利益。
ある意味まったく逆のベクトルと言っても決して過言ではないものですが、それを両立しているのです。

実際、株式会社No.1の顧客は満足度がとても高いとされているのです。気持ちの面でも満足しているからに他ならないのですが、かといって同社が赤字まみれになってるのかと言えば、決してそのような事はありません。これは辰巳崇之氏のビジネスセンスによる部分がとても大きいと言われています。どちらか一方であっても掴む事はとても難しいとされているものを、二つ両方手に入れているのです。そのため、ビジネスマンの間でもその才覚が話題になる事すらあるのです。
ビジネスというのはとても難しいものです。自分だけの問題ではなく、相手の問題もあるのです。大きな成功を掴むために何かを犠牲にしなければならないケースは枚挙に暇がありません。それでも大儀のためにと頑張っているビジネスマンもいるのです。信頼関係が崩れてしまいそうになったとしても利益のために突き進まなければならないケースとてあります。ですが同社はその両方を顧客からしっかりと得る事が出来ていますので、多くのビジネスマンからすればやはり憧れの存在という事になるのでしょう。

そのため、辰巳崇之氏を憧れのビジネスマンとして挙げるビジネスマンもいるほど。
難しい事を実現いているのですからそれも頷ける話ですが。

株式会社No.1
http://www.number-1.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. 大人の街として知られているのが目黒区です。近年は高級マンションも多く建築され、実際に住んでいる方もセ…
ページ上部へ戻る