株式会社Sekinetの企業理念と経営哲学

株式会社sekinet 株式会社sekinetはインターネットビジネスで躍進を遂げた企業ですが、代表取締役の関根義光氏は現在のビジネスモデルや今後の展望を、どのように見据えているのでしょうか。今回は彼の経営理念や将来のビジョンについてご紹介します。

■経営理念と将来のビジョン
関根義光氏は、株式会社sekinetについて「定まった経営理念はまだない」と話します。これは、ビジネスが急成長するなかで組織化の必要に迫られたことが原因。今後、組織を軌道に乗せるとともに経営理念の設定を準備している段階だと言います。

しかし、将来については明確なビジョンを持っています。いずれは、「世界中に莫大な価値を与えていきたい」と語る関根氏。現在はインターネットビジネスの裏方的存在ですが、海外マーケットも視野に入れ、すべての消費者に感動を提供できる企業を目指しています。

■スピード至上主義の経営哲学
「すべての人間は自己満足のために生きている」と話す関根氏。氏自身も、お客様へ効率的に価値を提供する喜びを目的としています。目標とするビジネスモデルは、Facebookの経営者であるマーク・ザッカーバーグの経営哲学を根本に据え、スピード至上主義のビジネスを徹底しています。

また、関根氏は情報収集を怠らないことが社長の仕事だと考えており、ビジネスノウハウについての自己研鑽を怠りません。これは、「3か月前の常識が通用しない」と言われるインターネットビジネス業界において最も必要なことであり、同時に株式会社sekinetの成功の秘訣だと言えます。

「スピード至上主義」を経営哲学として、株式会社sekinetはインターネットビジネスのリーディングカンパニーを目指しています。代表取締役の関根義光氏が、今後どのような経営手腕を発揮するかも含め、多くのビジネスパーソンから注目が集まっています。

株式会社sekinet
https://shachomeikan.jp/presidents/10062274/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. 大人の街として知られているのが目黒区です。近年は高級マンションも多く建築され、実際に住んでいる方もセ…
ページ上部へ戻る